Javaエンジニアのメリットとデメリット

Javaエンジニアのメリットは、仕事が見つけやすい点にあります。
現状、ある程度以上のスキルを持つJavaエンジニアは、圧倒的に不足しています。
五年程度の経験があるだけでも、仕事に困ることはないでしょう。
しかも、大手企業での仕事にありつくことができる点は魅力です。

単純に末端のエンジニアになるのではなくて、統合システムの開発や運用に携わることができるのは大きいですね。
大企業の重要なポストに就けば、それだけ年収にも期待が持てるようになります。

Javaは、スタンダードなコンピューター言語になります。
標準的な言語であって、これをマスターしておくだけで、幅広い仕事がこなせます。
基幹システムの開発に従事することも可能ですし、Webエンジニアになることもできるでしょう。
自分の適性や今後のキャリアパスに合致する会社で働ける可能性は高いと言えます。

ただし、デメリットがないわけではありません。
今後いつまでJavaが使われ続けていくかは完全に不透明です。
数年後には下火になって就職口に困る状況が訪れているかもしれません。
また、案件によっては給料が満足行かないこともあるでしょう。
仕事の数が多いということは、それだけ儲からない仕事の絶対量も増えるという見方ができるからです。
Javaはどうしても処理速度が遅くなってしまう点が問題だと指摘されています。
高速な処理を求める仕事には向かない点は理解しておくべきでしょう。

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>